【徹底解剖】二の腕を引き締めたければ深く知れ!!

今回は二の腕(三頭筋)についてご紹介していきます!!

ちょっと題名が偉そうで申し訳ございません…

最近、涼しくなりノースリーブなどは着る機会は減ると思います。では、なぜこのタイミングに二の腕について書いたかと言いますと、来年の夏を目標に今からトレーニングをして頂きたいからです!!

身体の変化は、日々の積み重ねです…夏直前に始めても大きな変化は望めないのが事実です。

なので、来年の夏に向けて今からトレーニングを開始して頂く為に、このブログを書かせて頂いたという事です!

目次

二の腕(三頭筋)の構造と動き

上腕三頭筋の構造

上腕三頭筋は名前通り、長頭・短頭(内側頭・外側頭)の三つに別れています!

動き

長頭

●肘関節の伸展(肘を曲げた状態から伸ばす動作)
●肩関節の伸展(腕を後ろに引く動作)
●肩関節の内転(脇を閉める動作)

短頭(内側頭・外側頭)

●肘関節の伸展(肘を曲げた状態から伸ばす動作)

二の腕(三頭筋)の特徴

三頭筋の特徴は、長頭が二関節筋(肩〜肘)で、短頭が単関節筋(肘のみ)という事です。つまり、長頭を鍛えたい方は肩関節も同時に動かすスカルクラッシャーなどがおすすめです。

肘を伸ばしきるとポコっと盛り上がる筋肉が短頭で、二の腕の内側の方についている筋肉が長頭です。

腕を細くしたいという方は、長頭をメインで鍛えて欲しいです!たくましい腕が目標の方は長頭・短頭どちらも鍛える事をおすすめします!

二の腕トレーニング

【ポイント】
●股関節と膝は90度にする
●首を長く保つ
●胸から膝まで一直線に保つ

胸・肩周りのストレッチ感、二の腕の締まり感を感じられると良いです!!

胸周りが縮まった状態だと二の腕は使われにくいので、しっかり胸を張りストレッチをかけた状態で身体を上に持ち上げる事を意識しましょう!!

二の腕トレーニング part2

【ポイント】
●腕から肩まで一直線にする
●肩甲骨を固定する
●手は八の字にする

二の腕・胸に効いてれば良いです!!腰を反らないように体幹をキープする意識もしましょう!!

是非、みなさんも二の腕の理解を深め、二の腕トレーニングを行っていきましょう!!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる