トレーナー紹介– トレーナーのプロフィールや想いをお伝えします。 –

SLOW STEPの店長兼トレーナー望月

望月健太郎 

Mochizuki Kentaro

店長兼トレーナー

都内のパーソナルジムでトレーナーとして働き、年間1000以上のセッションを実施

自身も110キロ→75キロ減量に成功。 自身の経験からお客様のトレーニング・食事指導だけでなくメンタル面の理解も深い。

自分自身太ってる事がコンプレックスを感じていて、何度かダイエットに挑戦したが幾度となく失敗。 学生時代に行っていた柔道では怪我で長期離脱も経験。 これらの経験から『怪我をしない体作り』 『リバウンドしない食事管理』を学び多くの方に共有したいと考え、SLOW STEPを立ち上げることに。

望月からのメッセージ

Message


こんにちは!SLOW STEPの店長兼トレーナーの望月と申します。

数多くのお客様のトレーニングを指導してきて、本当に多くの喜ばしい声をいただいております。
「姿勢が良くなった!」「痩せてスタイルが良くなった!」など、そういった声をいただくときが1番のやりがいと感じております。私自身、110キロもあり、太っているときがありました。太っているときは自分に自身がなく、自己肯定感が低かったのを覚えています。

マイナス35キロを達成したパーソナルトレーナー


私やお客様を含め、体が変わっていくごとに表情までもが変わって行きます。自身に満ちた表情になり、自然と笑顔も多くなります。大げさではなく、「人生が変わった」と感じることもあります。

そんな体験を一人でも多くの人に味わっていただきたいと本気で思っております。一人ではなかなか続けることのできないトレーニングでも、マンツーマンでトレーニングをすれば続けられる人の方が多いです。

「太っていてトレーニングをジムでするのが恥ずかしい。」
「そもそもトレーニングの仕方がわからない。」
「今のトレーニングが効果的なのかわからない。」
「普通のジムだと他の人とのコミュニケーションがないのでモチベーションが続かない。」

こういったことが、トレーニングを持続させない要素の1つになってしまいます。SLOW STEPでは、これら全てが解消できます。是非、私たちと一緒に自信を取り戻して、素敵な体を手に入れましょう。全力でサポートをさせていただきます。

SLOW STEP専属管理栄養士

茅野千沙希

Kayano Chisaki

SLOW STEP専属管理栄養士

東京家政学院大学卒。
総合病院で多様な病気の入院患者の栄養管理業務や川口市内大手保育園グループ全体の栄養管理業務を行っておりました。

自身も、「急な体調不良になる」「低血圧で貧血気味」「体脂肪が気になる」など身体の悩みが多くありましたが、食事を我慢せずに無理なく運動と食事内容を変えることで調子を整えることができた。

自分自身の体験や多様な栄養管理を行ってきた経験を活かし、様々なご相談に答えさせていただきます。

茅野からのメッセージ

Message


管理栄養士の茅野と申します。私は様々な疾病の方の栄養管理がしたいという思いで管理栄養士の資格を取得しました。
総合病院にて栄養管理をしていく中で、自分自身は何も気を付けていないということに気づき、軽い運動と食事改善を行うようになりました。そこで食べる物を選択することの大切さと運動の重要性を学びました。

また、2度の出産を経験しそのたびに体型や体調の変化があり、悩んだこともありました。
その時は現在の職場である保育園の献立を参考に、栄養バランスを重視した食事を心がけ少しずつ改善していきました。

私は過度なダイエットで食事を制限したりすることはおすすめしません。
SLOW STEPのコンセプトにある、(あ)(ゆ)(む)の精神でコツコツと少しずつ食事を改善していきましょう。

健康な身体づくりに必要なのは、目的に合った運動と食事管理です。一概に食事管理と聞くと、食事を我慢しなければいけないのではないかと思われがちですがその必要はありません。

制限ではなく、ご自身の理想に近づけるために無理なく食事を選んでいくという感覚です。トレーニングも食事も楽しんで継続することが大切です。そのためのお客様に合った食事アドバイスをさせて頂きます。

ほぼ半額のモニター募集は残り今月1名!
モニターの詳細はこちら
ほぼ半額のモニター募集は今月残り0名!
モニターの詳細