【ダイエット】最近の食材『納豆』

納豆は『健康に良い』イメージがありますよね。今回は納豆の効果をご紹介していきたいと思います!

目次

納豆の効能

血糖値の上昇を抑える

納豆には食物繊維が多く(100gあたり6.7g)含まれています。納豆の食物繊維量はレタスの6倍も含まれており、血糖値の上昇を穏やかにしたり血中コレステロール値を下げたりする働きがあり、生活習慣病の予防に欠かせない食材なんです!

便秘解消

納豆の食物繊維は、不溶性2:水溶性1腸内環境を整える理想的なバランスなんです!

さらに、納豆菌は生きたまま腸まで届くため、善玉菌を増やし消化を助ける働きも期待できます。

免疫力向上

上記でも説明したように納豆菌は熱や酸に強く、生きたまま腸に届きます。納豆は腸の働きを高めたり、腸内の善玉菌を増やしたりして活躍してくれます。

その効果により活性化した腸内細菌は、免疫細胞とともに病原菌やウイルスから体を守るために働いてくれます!

血液がサラサラに!

納豆のネバネバに含まれるナットウキナーゼという酵素は血栓を溶かす作用(血液をサラサラにする)があり、心筋梗塞や脳梗塞などの血栓症の予防効果が期待できます!

美容効果

納豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモン「エストロゲン」(卵胞ホルモン)に似た働きをし、女性の美しさや若々しさを保つ働きをします。

また、コラーゲンの合成を促進させるためお肌のハリを維持させ、肌細胞自体の新陳代謝も高めてくれるので肌のターンオーバーが促進され保湿力が高まる効果も期待できます!

おすすめ!!納豆の食べ方

納豆とキムチとオクラの冷奴

キムチの乳酸菌と納豆菌は腸内で善玉菌として働きます。さらに納豆に加えて長芋・オクラ・めかぶのねばねば成分に含まれる食物繊維が善玉菌のエサとなることで腸内環境が改善されよりダイエット効果が期待できます

日本テレビ

アボカド&トマト納豆のチーズオムレツ

「卵やチーズに含まれるたんぱく質は肌を作る材料になります。オムレツが焼きあがったら粗熱をとっておきます。そこへ、味付けたれをかけた納豆と角切りにしたアボカドとトマトを混ぜ合わせたものをかけると出来上がりです

日本テレビ

「納豆には少ないビタミンCやビタミンEをアボカドやトマトが補うことで、肌を紫外線から守り、シミやそばかすを防いでくれます。トマトのリコピンはメラニンの生成を抑制し、トマトのβカロテンは体内でビタミンAに変化して皮膚の健康を維持してくれます

日本テレビ
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる