【健康】幸せホルモンを増やそう!!

今回は最近注目されている幸せホルモンこと『セロトニン』についてご紹介致します!!

目次

セロトニンとは?

セロトニンとは、トリプトファンというアミノ酸から合成され、分泌される神経伝達物質です!

ドーパミンやノルアドレナリンと同様、感情や精神面、睡眠など人間の大切な機能に深く関係するホルモンなんです!

セロトニンが不足すると、

  • やる気が出ない
  • ストレスを感じる
  • 集中力や記憶力が低下
  • 睡眠の質がさがる

などの症状が現れます。セロトニンの分日は私生活にも影響があります。

セロトニンは働きは?

精神(メンタル)を安定させる

セロトニンはリラックスした時や満足感がある時に分泌されます!

セロトニンが不足すると、情緒不安定になりイライラする、やる気が出ないなど精神の乱れが現れてます。

充実した生活を過ごすには『セロトニン』の分泌は欠かせないということです!!

睡眠の質向上

夜になると眠くなるのは『メラトニン』という睡眠ホルモンが分泌されるからです。

そして、メラトニンは日中に分泌された『セロトニン』からつくられます。

つまり、日中に十分なセロトニンが分泌されていないと、つくられる『メラトニン』も少なくり「睡眠の質が下がる」「寝つけなくなる」などの影響がでます。

セロトニンを増やす方法

朝食にタンパク質を摂る!

アミノ酸の一種であるトリプトファンを朝食に摂取することです。トリプトファンは、体内でセロトニンを合成するための材料になります。

  • 大豆製品(1番おすすめ)
  • お魚
  • バナナ

どうしても時間がない時は、トリプトファンと身体を動かすエネルギーが含まれているバナナがオススメです!!

日光を浴びる

セロトニン分泌に「日光浴」はよく聞きますよね!!

光の刺激を脳が受け取ると、セロトニンの合成を始めるスイッチがオンになります。朝に日光を浴びると目が覚めるのは、セロトニンの合成が始まったからです。

おすすめはリズム運動と日光浴を同時に行える「朝のウォーキング」です!セロトニン分泌には最適ですし、活動量も増えダイエット効果も期待できます!!

リズム運動を行う

ウォーキングやスクワットなど、「単調なリズムを繰り返すような運動(リズム運動)」は、セロトニンの分泌を促す効果が特に高いです。

運動後は心身ともにスッキリしますよね。あの達成感や爽快感は、セロトニンが分泌されているからなんです!

  • ウォーキング
  • スクワット
  • 踏み台昇降
  • 階段登り

腸内環境を整える

セロトニンの多くは腸で分泌されています。腸内環境が悪いとセロトニンの分泌量も減ります。

まとめ

まずは簡単に始めれる『リズム運動』と『日光浴』をはじめてみてほしいです!

食事に関しては『朝食にタンパク質を摂る』ことを意識して欲しいです!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる